熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Ophthalmology

救急疾患を含めた眼疾患全般を取り扱います。全身疾患を有する患者さんには他科と共同で診療を行います。緑内障発作、網膜血管閉塞症など緊急処置を要する疾患に24時間対応します。2名の視能訓練士による斜視・弱視症例の視能矯正を行います。小児用の眼位・屈折測定機である「スポットビジョンスクリーナー」、小児の眼圧測定に有用な「アイケア」、手持ち式眼底カメラを整備しており、小児の眼疾患に関する検査をより効率的に行うことができるようになりました。 OCT(光干渉断層計)も導入されており、加齢黄斑変性など眼底疾患 についての診断および経時的病状変化の確認を行うことができます。

主な疾患・治療法

01白内障

症状

視力低下など。

検査

細隙灯検査など。

治療

加齢などの影響に伴う水晶体の混濁により、上記のような症状を起こします。視力低下の程度やご本人の希望などを考慮したうえで手術を検討します。

02後発白内障

症状

霧視、複視、視力低下など。

検査

細隙灯検査など。

治療

眼内に残った水晶体の細胞の増殖により起こります。必要に応じレーザーでの加療を行います。

03糖尿病網膜症

症状

視力低下など。

検査

細隙灯検査、眼底検査、光干渉断層計、蛍光眼底造影検査など。

治療

単純糖尿病網膜症、増殖前網膜症、増殖糖尿病網膜症の3期に分類されており、後者のものほど重症です。増殖前期以降の網膜症を疑うような所見があれば、蛍光眼底造影検査を行い、必要に応じて、レーザーでの加療やステロイドの局所注射、抗VEGF薬の硝子体内注射などを行います。

04緑内障

症状

視野障害、視力低下など。

検査

視野検査、眼圧検査、眼底検査、隅角検査、光干渉断層計など。

治療

上記検査にて、必要に応じて点眼加療を行います。
点眼でコントロールが難しい場合には、必要な時期に手術加療などを検討し、施行可能な病院へ紹介します。

05黄斑変性

症状

視力低下、偏視、中心暗点など。

検査

眼底検査、光干渉断層計など。

治療

主に抗VEGF薬にて加療を行います。コントロール不良の場合には光線力学療法という特殊な波長のレーザー加療を要する場合があり、適切な時期に加療可能な病院へ紹介します。

06眼窩骨折

症状

複視。

検査

眼位検査、眼球運動検査。

治療

眼位、眼球運動検査を行い、必要に応じ、形成外科にて手術加療を検討します。残存症状に対して必要に応じてプリズムレンズなどによる症状緩和を行います。

07弱視、斜視

症状

眼位異常、視力低下など。

検査

視力検査、屈折検査、眼位検査、眼球運動検査、立体視機能検査など。

治療

視機能訓練士が2名常勤しております。
状態に応じて眼鏡やプリズムレンズを処方し、必要があれば斜視手術が可能な病院へ紹介します。

実績

症例数・治療成績

外来患者総数
2019年
7,836
2018年
8,651
2017年
10,087
2016年
10,186
2015年
9,275
2014年
9,369
2013年
9,691
1日平均患者数
2019年
32.7
2018年
35.3
2017年
41
2016年
42.4
2015年
38.3
2014年
38.7
2013年
39.7
入院患者数
2019年
318
2018年
303
2017年
369
2016年
382
2015年
290
2014年
443
2013年
467
平均在院日数
2019年
4.7
2018年
5.5
2017年
5.3
2016年
5.5
2015年
5.5
2014年
5.5
2013年
5.5
手術件数(手術室で行ったもの)
2019年
457
2018年
452
2017年
581
2016年
612
2015年
463
2014年
678
2013年
710
うち日帰り手術件数(再掲)
2019年
10
2018年
12
2017年
40
2016年
35
2015年
20
2014年
44
2013年
37
手術件数(外来で行ったもの)
2019年
140
2018年
124
2017年
177
2016年
187
2015年
143
2014年
155
2013年
197
合計手術件数
2019年
597
2018年
576
2017年
758
2016年
799
2015年
606
2014年
833
2013年
907