熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Diagnostic & interventional Radiology

最新の医療機器を駆使し、質の高い画像診断を行っています。画像診断には以下の機器を使用し、空間分解能に優れた画像を配信すると共に、精確な診断を提供しています。

CT

心臓の冠動脈が撮影できる320列マルチスライスCT
1台
64列マルチスライスCT
2台(1台は救命救急センターに設置)

MRI

3.0T超伝導装置
1台
1.5T超伝導装置
2台

血管造影

3次元画像が構成できる装置
1台

透視機器

高分解能のフラットパネルを搭載した装置
3台

マンモグラフィー

マンモトーム生検可能

超音波

8台
頚動脈狭窄に対するステント留置術実施施設に認定。急性脳動脈血栓に対する機械的血栓回収術(MERCI&Penumbra)の認可を受け、適応症例には緊急対応できる体勢も整えています。CTガイド下生検やドレナージも行っています。

主な疾患・治療法

01放射線科における治療法
IVR(インターベンションラジオロジー)は、肝癌、膀胱癌、子宮頚癌などの悪性腫瘍に対し、抗癌剤の動注・塞栓療法を施行することで長期生存が得られているだけでなく、骨盤骨折や肝脾損傷などの救急疾患に対しても、動脈塞栓術による優れた救命率を得ています。また、総合血管センター開設を契機に、放射線科医は外来で診察し、閉塞性動脈硬化症に対する血管拡張術やステント留置術、外科的手術が困難な内腸骨動脈瘤、脾動脈瘤、肺や四肢の動静脈奇形に対する塞栓術なども施行しています。

実績

症例数2019年

一般撮影
63,193
RI検査
732
CT
30,065
IVR
717
MRI
10,733
CT下IVR
64
マンモグラフィー
1,141
放射線治療
8,091
超音波
18,687
ブラキテラピー
23
消化管透視
248

放射線科による血管内治療実績

放射線科による読影実績

特殊CT検査・治療実績