熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Specialized outpatient

移植医療に関する当院への寄付について、感謝状の贈呈式を行いました

熊本赤十字病院は、(公財)熊本県移植医療推進財団が実施する腎移植施設体制施設整備支援事業からの助成により、移植医療の実施体制強化のため、

超音波診断装置と臓器提供に係る手術用機材を搬送するキャリーケースを新たに設置いたしました。

この事業発足のきっかけは、以前、当院で腎移植を受けられた渡辺さんからのご寄付によるものです。

そこで、当院の平田院長から渡辺さんのご支援に対し、感謝状を贈呈いたしました。

熊本赤十字病院は、これからも移植医療の普及推進に尽力してまいります。