熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Doctor helicopter

熊本県ドクターヘリ基地病院

熊本県でドクターヘリを持つ病院は、熊本赤十字病院だけです。

ドクターヘリとは

救急医療用の医療機器を装備したヘリコプターのことで、消防機関からの出動要請に基づき、救急医療の専門医と看護師が同乗し救急現場へ向かい、いち早く患者さんに救命医療を行うことが可能です。

ドクターヘリのメリット

ドクターヘリは、時速約250キロで飛行するため、半径50キロ圏内なら約15分以内で救急現場に到着、熊本県内では最も遠い牛深市までも約30分以内に到着することが可能です。
これにより、いち早く医師と看護師を救急現場に送り込んで救急医療を開始することができるため、救急患者の死亡率の軽減や機能的予後の改善を図ることができます。
特に山間部や島嶼部などのへき地では、大幅に時間を短縮することができ、大きな役割を果たしています。

ドクターヘリの特徴
  • 01

    ドクターヘリ及び防災消防ヘリの特性を生かした明確な役割分担とそれぞれのヘリが対応できない場合の相互補完。

  • 02

    ヘリ出動要請のホットラインを一本化し、県防災消防航空センターが消防機関からの要請の仕切りを行う。

  • 03

    県防災消防航空センターが受けた消防機関からの要請内容を、4つの基幹病院が同時に共有し連携を図りながら対応する。(会議同時通話システム)

各ヘリ、基幹病院の役割

熊本県では、ドクターヘリと防災消防ヘリ「ひばり」の2機が相互にその役割を補完し、ヘリ運航に関する4つの基幹病院が連携して救急医療を行う「熊本型」のヘリ救急搬送体制を構築しました。

ドクターヘリ基地病院熊本赤十字病院

ドクターヘリの役割

  • 医師、看護師による早期治療が必要な救急現場への迅速な出動
  • 現場での医師の判断による症状に応じた医療機関への搬送
  • 防災消防ヘリが出動中の病院間搬送対応
地域救急医療体制支援病院国立病院機構熊本医療センター

防災消防ヘリの役割

  • 重篤患者の病院間搬送による地域の救急医療機関支援
  • ドクターヘリでは対応困難な現場での救助活動
  • ドクターヘリが出動中の救急現場への対応

病院の役割

  • 病院間搬送時、搬送元と搬送先医療機関で調整がつかない場合の最終的受入
  • ドクターヘリの出動中の対応
    (傷病者の受入、医師の搭乗)
  • 救助時の医師の搭乗による医療支援
ヘリ救急搬送体制支援病院済生会熊本病院・熊本大学医学部附属病院
病院間の連携

病院の役割

  • 基地病院・地域救急医療体制支援病院と連携し、ドクターヘリ・防災消防ヘリにより搬送された傷病者の受入に協力する病院として基幹的役割を行う。

出動の流れ

  1. 要請

    緊急時に消防機関から防災消防航空センターへヘリの出動要請の電話連絡が入ります。 当院のドクターヘリ運航管理室も同時に要請を受信し、出動判断を行います。

  2. 準備

    ドクターヘリ搭乗スタッフは、要請に基づき、直ちに出動準備を開始します。
    医師・看護師は必要な医療機器を準備し、操縦士は目的地へのフライトに必要となる情報を確認します。

  3. 出動

    ドクターヘリの出動要請から5分以内に救急現場へ出動します。 飛行中、ドクターヘリ運行管理室と連絡を取り、着陸地点の情報や傷病者の容態の確認、搬送先病院の選定等を行います。

  4. 到着

    現場付近もしくはあらかじめ指定された地点に着陸します。 現場到着後、医師・看護師は直ちに傷病者の処置を行います。

  5. 搬送

    医師・看護師の処置終了後、高次医療機関への搬送が必要な場合は、ドクターヘリに収容し搬送先の医療機関に向かいます。 (比較的軽症の場合は救急車により地元医療機関へ向かいます。)

熊本県ヘリ救急搬送運行要領(PDF)

出動基準、対象となる傷病者の具体的状態など、 熊本県ヘリ救急搬送運航要項をPDFデータにてご覧いただけます。

PDFダウンロード

運航範囲

ドクターヘリの運航範囲

原則として、熊本県全域とする。
ただし、他県へ出動が必要な場合の対応については、別に定めるものとする。

防災消防ヘリの運航範囲

原則として、熊本県全域とする。
ただし、救急患者を県外(九州内)の医療機関に搬送する必要がある場合には、この限りでない。

搭載医療機器

  • 超音波診断装置
  • 酸素ボンベ
  • 除細動器
  • 搭載用モニター
  • 吸引機
  • ストレッチャー
  • シリンジポンプ
  • バックボード
  • 輸液ポンプ
  • 医療器材セット(診療材料、薬剤)等

ドクターヘリの実績

年次統計

  • ドクターヘリ、防災ヘリ要請 対象期間:2019年度
    合計826件
  • ドクターヘリ出動(要請内容別) 対象期間:2019年度
    合計569件
  • ドクターヘリ出動(消防別) 対象期間:2019年度
    阿蘇地域が最多の112件
  • ドクターヘリ搬送患者数(現場救急・病院間搬送)(疾患別) 対象期間:2019年度
    外傷が最多の231人
  • ドクターヘリ搬送患者数(現場救急・病院間搬送)(搬送別) 対象期間:2019年度
    Jターンが最多の200人

月次統計

04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 01月 02月 03月
ドクターヘリ出動 50 66 48 41 46 47 47 40 51 44 43 46
防災ヘリ出動 14 2 8 18 25 23 25 19 6 25 13 11
未出動 8 4 6 5 9 4 5 9 5 3 5 5
要請件数 72 72 62 64 80 74 77 68 62 72 61 62
対象期間:2019年度